出会いを探すときには、ネットを使う人も多いでしょう。ネットが使われる理由としては、やはりいつでも相手を探せる、周りにバレずに探せるなんてのがメリットでしょう。

援助交際ならばネットでしか探せないかも

援助交際してくれる女性を探そうと、リアルに女性に声をかけるなんてことは誰でもできないでしょう。
断られるのも嫌ですし、また恥ずかしいし、周りの目もあります。
やはり、援助交際では、ネットを使って探すことになります。

そんな援助交際探しでは、掲示板がよく使われています。
その掲示板でもよく、援助交際目的の書き込みの多いものもあればそうでないものもあるので、よく気をつけてみないといけません。

まずは、アダルト掲示板であることです。各出会い系サイトで、掲示板がありますが、ピュア(ノンアダルト)もあります。
まずは、援助交際ならばアダルト掲示板をさがしましょう。

あと、大手や有名な出会い系サイトの掲示板を使いましょう。その方が女性も男性に見てもらいやすいと書き込みをよくします。
ランキングサイトや比較サイトでよく名前の載っているサイトを選びましょう。

あと、掲示板が管理がゆるやかなところです。援助交際目的等な書き込みを管理者が消す場合もあります。
やはり消されないよう隠語も使いますが、それがわからずにかいてもすぐに消されないようなところが、書き込みは多くなります。

大手でなくても

あとは大手でなくても、逆にシンプルなところも案外使われています。
掲示板だけで、機能がシンプルなところもいいでしょう。その場合には、登録なしのところが人気も高いです。

わざわざ登録だと面倒くささを感じてしまいます。
あと地域別に探せるところか、やはり書き込みは多くなります。
地域も県別もあれば、さらに市町村別にがあれば、そこはより利用してもらえるでしょう。

複数の掲示板を使おう

援助交際相手を探すときには、複数の援交ができる掲示板を使いましょう。
神待ちの掲示板も今は狙い目なので、使ってみましょう。